なぜか気になるニュースや話題

きになる情報を発信します!

維新と立憲民主党

立憲民主党菅直人元首相は16日、
大阪市役所で記者会見し、日本維新の会代表の
松井一郎大阪市長宛てに「核共有」政策に
関する質問状を提出したと明らかにしたそうです。

菅氏は同政策を含む議論開始を
夏の参院選公約に盛り込む方針の
日本維新を「自民党よりも右翼的だ」と
批判し、立民との主張の違いを強調した。

菅氏は参院選大阪選挙区で立民候補を
支援する特命担当を務めている。

同日朝に市役所前で街頭演説した後に
市役所に松井氏を訪ねたが、不在だったため
質問状を職員に渡した。

会見で「維新は『身を切る改革』などの
宣伝がうまいが、右翼的部分が国民に
伝わっていない」と述べたそうです。

核共有や、憲法改正の議論が必要です。

立憲民主党では、日本は守れません。

次の参議院選挙で国民の意思がはっきりすると
思います。

東京は、都民ファーストが出てきます。
大阪は、維新の会があります。

立憲民主党では、選挙に勝てません。

 

内閣支持上昇?

読売新聞社は13〜15日、全国世論調査を実施し、
岸田内閣の支持率は63%となり、前回(4月1〜3日調査)の
59%から4ポイント上昇したそうです。

不支持率は23%(前回29%)。

岸田首相がウクライナ侵攻に適切に
対応していると「思う」は62%(前回58%)で
2か月連続の上昇。

新型コロナウイルスを巡る政府の対応を「評価する」と
した人は62%に上り、同様の質問を始めた
2020年2月以降、初めて6割を超えた。

政党支持率は、自民党42%(前回41%)、
立憲民主党4%(同5%)、公明党3%(同4%)、
日本維新の会3%(同5%)などの順。
無党派層は37%(同35%)だった。

63%ですか。
本当でしょうか。

マスコミのこういう値って信じて良いのでしょうか。

安倍政権のときは、円安でもなく、株価も経済は成長していました。

今回の岸田政権は、円安になったいます。
株価も全然上がりません。
コロナは、菅政権の功績です。

何となく違和感があります。
参議院選挙でひっくり返らなければ
よいですね。

 

子供の急性肝炎

厚生労働省は原因不明の子どもの
急性肝炎について、国内で可能性が
疑われる子どもが新たに5人確認されたと発表しました。

原因不明の子どもの急性肝炎をめぐっては、
欧米を中心に報告が相次いでいて、
国内では先月以降、この肝炎の
疑いがある子ども7人が確認されていました。

厚労省が全国の自治体を通じ、
A型からE型の肝炎ウイルスが原因ではない
急性肝炎を発症した16歳以下の
患者を去年10月までさかのぼって
調査をしたところ、新たに5人の
子どもにこの肝炎の疑いがある
ことが分かったそうです。

国内でこれまでに報告された
子どもはあわせて12人になり、
いずれも肝臓の移植は
受けていないということです。

原因がわからないのが困りますね。
ウィルスでしょうか。
原因の特定が急がれます。

 

仮想通貨「ルナ(Luna)」が暴落

時価総額4兆円を超える仮想通貨でも、
一夜で価値がゼロになることがあるそうです。

今回、韓国のソウルに本社を置く
テラフォームラボの仮想通貨「ルナ(Luna)」に
起こったそうです。

今回のルナの暴落は、ステーブルコインである
テラUSD(UST)で起きた異変がきっかけだそうです。

ステーブルコインとは法定通貨と価値が
連動するように設計された仮想通貨を指す。
USTでは、米ドルの価値と連動するよう
作られていたが、5月10日に入って急落。
一時は1USTが0.3ドルまで下落し、
連動が完全にはずれてしまったそうです。

5月10日、USTの価格下落を発端とした
大規模なアービトラージが重なり、
ルナの売り圧力はさらに増していく。
結果、ルナの時価総額は急減し、
10日の終わりには約100億ドル
(約1兆3000億円)まで減少した。

デジタル版取り付け騒ぎだそうです。
原因はわからないそうです。

仮想通貨の怖さですね。
何故でしょうか。
いろいろあります。

 

 

北朝鮮のコロナ感染

北朝鮮朝鮮中央通信は12日、
新型コロナウイルスの変異株オミクロン株の
感染者が確認されたと報じたそうです。

北朝鮮が新型コロナの感染者発生を明らかにするのは初めて。

同通信は「2020年2月から2年3カ月間に
わたって強固に守ってきた非常防疫戦線に穴が
開く国家最重大の非常事件が起きた」と報道。

今月8日に首都・平壌で採取した検体を
分析した結果、オミクロン株と一致したことを確認したと伝えた。

北朝鮮朝鮮労働党政治局会議を招集した。

会議に出席した金正恩キム・ジョンウン
国務委員長(朝鮮労働党総書記)は
「全国のすべての市、郡の地域を徹底的に封鎖し、
悪性ウイルスの感染空間を完璧に遮断せよ」と
指示したそうです。

中国と同じですね。
感染力が強いから防ぐことは出来ません。

独裁国家ってこういうことをやるのですね。

ロシアの侵攻の遅れ

ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、
国防総省高官は10日、ウクライナ東部や
南部における侵攻は、ロシア軍の想定より
少なくとも「2週間は遅れている」との
見解を明らかにしたそうです。

ロシア軍は徐々に投入する部隊を
増やしているが、ウクライナ軍の
抵抗に進軍を阻まれている模様だ。

高官によると、東部ドンバス地方での
ロシア軍の進軍は一進一退で、目立った成果はみられない。

ロシア軍はハルキウ州イジュームから南下を試み、
特にイジュームからドネツクスラビャンスク
向かうルートに集中。

周辺ではウクライナ軍との間で集落の
奪い合いが続いているという。

ロシア軍が包囲する南東部マリウポリでも
抵抗が続いている。

高官は「プーチン大統領は東部や南部で、
主要目標を一つも達成できていない」と評価した。
「彼が想定していたより、2週間かそれ以上は
遅れている」と述べたそうです。

アメリカの分析がすごいですね。
発表はこれですから、かなりの詳細を
知っていますね。
アメリカ、イギリスの情報収集がすごいと思います。
戦争は情報が重要です。

秀岳館入学辞退

熊本県八代市秀岳館高男子サッカー部の
寮内で3月、入学前から練習に参加していた
県外出身の中学3年(当時)の男子生徒が
上級生から暴行を受け、入学辞退に追い込まれた
問題で、生徒が1カ月以上たっても別の高校に
進学できていないことが9日、分かった。

私学を所管する県私学振興課は
「どうにかしないといけないという
思いはあるが、法令上、県がどこまで
関われるか分からず、今後検討する」と
言っている。

生徒は他校に通うことを希望しているが、
同課は「主に通信制高校で年度途中に
受け入れる編入学という制度があるが、
県内の全日制高校ではやっていない」と説明。

秀岳館高側がいったん入学を認め、他校へ
転学させる方法も考えられるが、同課は
「私立高なので学校と保護者が話し合ってほしい。
相談があればアドバイスする」とした。

保護者らによると、生徒は全国大会への
出場を夢見て、スポーツ推薦で
秀岳館高への進学を決めた。
入学前に入寮して数日後、食堂で配膳中、
2年生(現3年生)の1人から「調子に乗るな」と
言われ、後頭部と背中を殴られた。
「殺すぞ」とも罵倒されたそうです。

他の高校に行けないのはおかしいですね。
もっと高校も柔軟に対処する必要があります。